テニス ポーチボレーのコツ1

シリーズでポーチボレーについて、ちょっとしたコツなどを紹介したいと思います。あくまで個人的な見解もありますが、ポーチで1番のポイントは何かと考えると・・・

「思い切り!」

これに尽きると思っています。

 

ポーチボレーとは

そもそもポーチボレーって何かと言うと、相手がリターンでクロスに打っていくところに、前衛の自分がそのクロスボールを読んで、決めにいくボレーをする。

または、クロスのラリーなどが続いているパターンで、展開を打開するために、前衛がボレーを決めにいくため、思い切ってネットへ詰める。

こんな感じです。

 

ポーチボレーに積極的に出られない理由

初心者の方の多くは、なかなかポーチに出ません。なぜか?
いくつか考えられますが、

  1. 「ポーチに出る事で、ストレートに抜かれたらパートナーに悪い。」
  2. 「自分から動いて、ボレーでミスったら恥ずかしい」
  3. 「ペアの邪魔になる」

こんな事を考えている人がほとんどです。

 

確かにすべてあてはまっています。上級者の人でも少なからず上記のような思いはあります。
が、それでもポーチボレーを思い切ってします。

 

多少リスクを犯しても、やった方が得だとわかっているからです。
だから思い切ってポーチボレーをしにいきます。

試合でよく勝つようなペアは、多少ポーチでミスっても気にしません。実は、ミスっていない側のもう一人のペアも大して気にしてません。

前述したように、ポーチでミスをするよりポーチに行かないと損をして、試合に勝てないからです。

は?

と思うかもしれないですが、1ポイント2ポイント相手にあげる以上の価値が、ポーチにはあるからです。

 

ポーチボレーに出る3つのメリット

ポーチボレーに出る価値とは、

1.常に、前衛がポーチに出てくるのではないか?というプレッシャーが対戦相手にかかる。

2.ポーチに出てくる可能性を感じているので、対戦相手の打つ場所がシビアになり、ミスにつながりやすい。

3.対戦相手がストレートに打ちたくなる

こんなところでしょうか。

 

特に3番はわかりにくいかもしれませんが、リターンでは、クロスに打つよりストレートに打つほうがはるかに難しいです。サイド側はネットの高さがコートの中心よりも高い事もあり、ネットにかかったり、サイドアウトする可能性が高くなる。

だからそのストレートを相手に打たせたくなるような展開に持っていければ、自滅してくれる可能性も高くなるので、有利になります。

 

まとめ

何度も言いますが、ポーチは

「思い切り!」
「ペアはミスっても大して気にしていません!」

これを頭に入れておけば、良いです。ちなみに私は、ポーチボレーが決まったらラッキー程度にしか思っていません。

あ、でも何でもかんでもポーチに出れば良い訳ではないので、次回ポーチに出るきっかけ、みたいな事を話します。

それではまた。

PS:ポーチの達人を目指すならコレ
↓↓↓
ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

reportbanner

コメントを残す