テニス ポーチボレーのコツ2

前回ポーチボレーについて、記事にしたところ、けっこう反響が大きかったですね。
今回は、ポーチに出るきっかけについて、紹介したいと思います。

【前回の記事】

 

前回の記事の反応から、ポーチはやっぱり初心者の方にはハードルが高いみたい。
ペアの方に、ポイントが取れなかったら申し訳ないという気持ちが強いのだと思います。

 

ポーチに出やすい状況をあらかじめつくる

特に、ポーチに出て、相手にストレートに抜かれることが怖いので、なかなか出ることができない事がひとつの要因です。であれば、初めからペアの相手と決め事をしておくと、ポーチに出やすいです。

 

私がよくやるパターンとしては、

「試合開始後○本目のサーブが相手のバックに入ったら、ポーチに出るよ」

とペアと約束しておきます。すると、その時にストレートに打たれて抜かれても、ペアもポーチに出るとわかっていたので、気にしません。

この時、バックに入らなければ、ポーチには出ません。試合開始後、相手のフォアハンドでポーチに出るのはリスクが大きすぎますからね。

 

試合が進むにつれて、相手の打ち方で、ポーチに出ることができそうかは、だんだんわかってきます。(これは、試合に出場し続けると、感覚でわかるようになります)

次のパターンとしては、対戦相手の正面気味に入ったサーブの時には、ポーチに出ると決めておくこと。

正面に来た球は、急に方向を変えて打つことが難しいです。よってストレートに打たれる可能性が低いと判断し、ポーチに出ちゃう。

 

ギャンブル戦略のポーチボレー

もう1つ僕がやるパターンとしては、試合中盤あたりで、自分達のセカンドサーブでしょぼしょぼのサーブが入ったときに、ポーチで勝負に行きます。

ちょっとギャンブル的な要素も高いですが、セカンドサーブではポーチ出ないと試合も結構進み、相手の頭にインプットされた時に、ポーチに出ます。

しょぼしょぼのサーブでリターンで決められるのであれば、「勝負に出てみよう」といった感じです。

 

これでミスっても、ペアのサーブが悪かったと割り切れます。

ペアにもそう思わせましょう。
「あなたのサーブが悪すぎるので、私が犠牲になってあげたと」

でも、これが意外と決まります。完全に相手が油断していたりしますので。

書いていて思ったのですが、「ポーチって意外と色々考えてやっていたんだなー」と。書ききれないので、また次回に続きます・・・

PS:ポーチの達人を目指すならコレ
↓↓↓
ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

reportbanner

コメントを残す