テニス ポーチボレーのコツ3

ポーチボレーシリーズ最終回となります。

さて、ポーチで大事なことは、

  • 思い切り
  • パートナーはミスっても大して気にしていない
  • 出るときのきっかけを把握しておく

このあたりだと、記載しましたが、思い切りについて補足しておきます。

 

ポーチボレーは前にプレッシャーを

思い切りよくポーチに出るのは良いのですが、ポーチに出るとなったら、ネットに思い切り詰めたほうが相手が嫌がります。

良く試合に負けた方で、相手についてこう解説する人がいます。

相手は上手くなくて、ベタ詰めのボレーしかできないのになぁ・・・」

ベタ詰めのボレーしかできない。ベタ詰めのポーチボレーしかできない。とにかく突進してくる。このような相手は、上手くないかもしれませんが、相手にとって嫌なんですよね。

だからこういった解説をしてくる人が多いです。
恐らく自分より下手なのに、ベタ詰めボレーが決まったので、たまたま負けてしまったのだと。

 

しかし、思い切りの良いネットプレー、特にポーチはそれだけで、大きな武器です。
やろうと思っても意外とできないんですよね。、

ポーチは相手に嫌なイメージを与える戦略の一つなので、とにかく思い切ってネットに詰めると効果が上がる!
相手より実力が低くても、勝てる流れに持っていけるショットの1つ。

 

今まで、なんとなくポーチに出ているような人は、ネットに当たってしまうくらい、斜め前に思い切って詰めていきましょう。
この時ストレートに抜かれることは、全く気にしない。

試してみたら、勝てる可能性が高まるかもしれません(^_^)v

PS:ポーチの達人を目指すならコレ
↓↓↓
ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

コメントを残す