テニス ライジングショットのメリットとは

さて、今回はライジングショットのメリットです。

ライジングショットを打つと、相手はタイミングが早いので打ちづらいと、「ライジングが打てると相手が嫌がる」の記事で書きました。

 

それ以外にもメリットがあります。

tenis_dan_01_r11_c33

 

ライジングショットの3つのメリット

ネットに出やすい。

ライジングで打てるようになると、必然的にポジションが前になるので、ネットに出やすくなります。
ネットに出やすいと、ボレーで決めるチャンスが増えますので、有効に使えば劣勢からでも逆転できます。

特にダブルスでは、ネットに詰める回数が増えると、勝ちやすい傾向があるので、ダブルスプレーヤーは、ライジングが打てる様になると有利です。

 

リターンがうまくなる。

ライジングが上手い人は、リターンも上手い人が多いです。
プロでも、アガシや伊達さんと言ったライジングを得意としているプレーヤーはリターンを得意としています。

なぜか?

速いサーブを打ち返すリターンは、バウンドの頂点になるまでに打たなければならないケースが多いから。

特にダブルスでは、リターンの時に、バウンドしてからゆっくり打っていると相手にしっかりとネットに詰められて、打つところがなくなってしまいます。よって、早いタイミングで打つために、ライジングを打つ機会が必然的に増える。

ライジングが上手ければ、リターンを返せる確率が上がる訳ですね

 

追い込まれた時の逆転のショットが打てる(カウンターショット)

相手のショットが良くてコート深くまで入り、追い込まれた時に、通常はロブで返球するようなケースが多いのですが、ライジングに自信がある人は、深い球をショートバウンドで打ち返します。

相手が「このショットで形勢有利になる!」と思ったところで、逆襲するので、相手のダメージが大きい!
このショットは、一発だけのダメージではなく、後々にも効いてきます。

 

最後に

このようにライジングショットを打てると、メリットが沢山あります。
上記以外にもまだあります。

でも、ライジングショットと聞くと、なんだか名前がオシャレなので、とっても難しそうですが、練習すれば打てるようになります。私がやっているライジング練習法は・・・。

と思ったのですが、長くなったので、また次回。

4 Responses to “テニス ライジングショットのメリットとは”

  1. 匿名 より:

    ライジングって何

    • 管理人 より:

      ボールが上がっている時や、バウンドの頂点の状態で打つショットです。相手のショットのパワーを利用できたり、相手の時間的余裕を奪うことが出来たりと、メリットは沢山あります。
      デメリットとしては、通常の打ち方より難しくなるので、ミスのリスクが高くなります。

      ライジングを打つには、練習してタイミングをしっかりと体に覚えこませる必要があります。

  2. 岡ひろみ より:

    錦織圭選手が強くなった理由の一つがライジングですね。

    • 管理人 より:

      その通りですね。
      錦織圭選手は、以前より前のポジションで打つ機会が増えましたが、ライジングショットを積極的に打っているのも一つの要因ですね。
      早いタイミングでストローク打つ世界トップの選手が錦織圭選手だと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す