テニス ライジングショットの練習法2

現代テニスでは必須のテクニックになりつつあるライジングショット。

ボールがバウンドして、落ちてくるところを打つのではなく、バウンドして上がってくるところを打つのがライジングショット。相手の時間を奪いながら、ボールの勢いも利用できるので、打てるようになると相手に与えるプレッシャーは大きいです。

錦織圭選手も得意なショットです。

 

そのライジングショットの練習法として有効だと思うのが、いつも私がオススメしている壁打ち。

壁打ちの利点は、球数が沢山打てる、必ず返ってくるなど沢山あります。その一つにライジングの練習が出来る事もあげたい!ではどうやるのか?

 

壁打ちでのライジングショット練習法

前回の記事を読んだ方は察しがつくと思うのですが
【前回の記事】

 

壁打ちをする時に壁からの距離を普段打つところより前にして、後ろに下がらないように障害物を置いたり、ラインをひきます。

そのラインより絶対下がらないようにすれば、必然的にライジングで打たなければならない様になります。

 

コンパクトなフォームを身につけやすい

コートでやるより壁打ちの方が効果が高いのは、ポジションを前にして壁に向かって打つので、とにかく時間がなく、打ち方がコンパクトになります。

特にテイクバックを小さくしないと間に合わないので、ライジングを返すフォームが身に付きやすくなります。

 

クルム伊達さんは、非常にテイクバックが小さいのにあのショットが打てるのですから、ライジングはコンパクトな打ち方でミスを無くすのが1番です。

ライジングは数を打っていけば、なんとなくコツをつかんでいくので、普段から意識して練習する事をおススメします。

ライジングは非力な方でも打てるショットなのにも関わらず、相手の時間を奪える嫌らしいショットなので、マスターしたら試合でも有利になる事間違い無しです。

reportbanner

コメントを残す