テニス ライジングショットは武器になる

先日、私が所属する仲の1つの社会人テニスサークルで練習がありました。
このサークルは、結構テニスが上手い人が集まるサークルで、テニス大会なんかで優勝レベルの人がゴロゴロいます。

そのメンバーが友人を連れてくることがあるのですが、先日、初参加の方がいました。

正直にって、見た目はテニスが上手そうじゃない。

「なぜか?」
それは、いい感じに太っているから。とても俊敏に走れそうもない・・・。

私は、

「むかし、学生時代にバリバリやってて、社会人になって、太っちゃったのかな?」

と思ったのですが、全く違いました(汗)。私と同じで社会人になってからテニスを始めて、のめりこんだ人。早速、一緒にプレーしたのですが、びっくり。

やりづらい・・・。そして強い。

一緒にやってて「???」って感じでした。

 

相手のタイミングを狂わすショット

理由は、太っているためやっぱり足は速くない。でも、球は返球されて、やりづらい。

さあ、なぜやりにくいのでしょうか?
それは、「この人の打つタイミングが早いからでした。」
ストロークやリターンは、ほぼライジングで打っていました。

 

ライジングとは、バウンド後に頂点にいく前に打つような、打ち方です。クルム伊達公子さんが得意としているショットですね。
やたらとタイミングが早いので、相手の私は、非常にやりづらかった。

特に私のボレーでの準備が間に合わないことがある。いやーこれだけライジングショットが上手い人は、あまり見たことがなかったなぁ~。

 

ライジングショットを極めた理由

なぜ、彼がこんなにライジングショットが上手くなったのか?
聞いたところ、笑っちゃう答えが・・・。

「走れないから。いや走りたくないから」

という理由でした(^_^;)

 

走るのが嫌なので、どうやったらなるべく走らずに、しかも相手が打ちづらいショットが出来るのかを研究した結果、ライジングショットにたどりついたそうです。

確かにバウンドの頂点前に打つライジングは、ボールに追いつくまでの距離が短いので、走る距離は少なくてすむ。

但し、足は深く曲げるので、足の筋力は使います!
あとは、相手の打つコースの「読み」が大事になりますね。

 

ライジングショット練習法

彼は、徹底してライジングショットの練習をするそうです。

 

練習の時は、全てのショットをライジングで打つように、心がけているとの事。私もオススメしている練習法の壁打ちで、ライジングショットを良く練習しているんだそうです。

【関連記事】

あと、彼は、ベースラインより後ろに行きません。

理由は、「疲れるから」らしいのですが、ベースライン際の深いボールは、ノーバウンドでストロークしてました。(厳密に言うと、ロングドライブボレーになるのかな?)

【関連記事】

 

それにしても、いろんなテニスがあるもんですね。長くテニスをしていると、いろんなテニスが見れて面白いです。1つ言える事は、ライジングショットをマスターすると、大きな武器になりますね。

この人みたいに極端ではなくて良いですが、ライジングは、タイミングが早いので、とにかく相手しづらいです^^

次回は、ライジングショットに関する面白い情報があったので、ご紹介しますね^^

PS:
このライジングショットの使い手ですが、ライジングショットはとても集中力を使うのと、体力がもたないため、2時間のテニスが限界らしいです。

1時間30分経つと、グッとテニスが下手になりました(笑)

reportbanner

コメントを残す