テニス 大事なポイントでミスを減らすには

最近ですね・・・、テニスに関する質問を沢山頂いてます。

これまでも、質問はあったのですが、最近は、本当に多くてびっくりしています。

意外と、身近なテニスコーチとか、草大会に出場している人とか、顧問の先生や、先輩には聞きづらいのかな?
なんて思っています(^_^;)

実際、どうなんでしょう???

さて、今日も読者さんから頂いた質問に回答します。
質問内容はここから

 

大事なポイントでミスをしないために 質問&回答

Mさんからの質問

ueponさん、こんにちわ。

(中略)

相手からストレートロブで返され、ワタクシ追いつき廻り込んでフォアで逆クロスへ返すという練習通りのシチュエーションでホームラン!

単なるミスなんだけど、なんでミスったんだろう?
と、ここだけやけに考えてしまうんです。

他にもミスなんてするのに。

これがいわゆる後悔・・・。これをミスってたら勝てない!というポイントだったということでしょうか?練習量でカバー出来るんでしょうか?

woman-hatena

 

 

abata回答

試合でやっちゃったミスが、頭から離れないパターンですね。

私も良くあります。試合の流れが変わってしまうようなポイントや、
「あのポイントを取っていれば勝てたのに!」
なんて事ですね。

練習でカバーできるか?

と言われると、正直、どちらともいえないです。試合で全く同じ環境ってないですから。

 

試合によっての緊張感などで、また同じミスをしてしまうかもしれません。

しかし、ミスした事を後悔したのならば、自ら原因を突き止め、反復練習あるのみですね。ミスしたショットを練習することで、同じ様な状況に遭遇した場合、練習した自信から、返球できる可能性は高まりますから。

 

それと何度も試合に出場することが重要ですかね。
多く試合経験を積むと、

「このポイントは落とせないな」

と読めてくるので、その時は集中力を増して、対応するとポイントが取れる可能性が高まります。

ここはやはり試合経験が大事になるので、

  • 同じミスを起こさない練習
  • 次の試合に積極的に出場する。

この両方を実践することで、重要なポイントを徐々にミスなく取れるようになってくるはずです。

 

遅い球は、意外とミスしやすい

ちなみに、

>相手からストレートロブで返され、ワタクシ追いつき廻り込んでフォアで逆クロスへ返すという

 

このショットは、確かにミスしやすいですね。まずロブに追いつくという事は、球は遅いです。

遅い球って、しっかりと足を曲げて軸足に力を入れて、丁寧に返さないとミスをしやすいんですよね。

とくに、抜かれたロブに追いつくと、その段階で安心してしまいます。球に追いついたら、重心を下げて、しっかりと返す意識が大切になってきます。

 

速い球は、相手の力を利用できますが、遅い球は、自分から打っていかなければならないので、より丁寧に打たないと、ミスが多発してしまうんですね!

実は、私も速い球より遅い球が苦手です。

瞬時に速い球に反応して返球するのは楽なのですが、遅い球を楽に打とうとすると、ミスが多いんですね(汗)

だからこそ、遅い球にはいつも神経を使ってます。

コメントを残す