テニス 強くなる為に出場する大会を選ぶ2

ちょっと前に「テニス 出場する大会を選ぶ」という記事を書いて、2番目の
「1回負けても何回か試合が出来るような大会」

についての説明が先延ばしになってました。スミマセン(;^_^A

 

負けても複数試合ができる大会のおすすめ対象者

「1回負けても何回か試合が出来るような大会」は、こんな感じの人にオススメです。

  • 試合にはじめて出場する
  • 試合出場経験があまり無い
  • 試合に出場してもいつも1回戦負け

 

なぜなら、初戦で負けても、次の試合が出来て、楽しめる上、試合経験をつめるからです。

 

このタイプの大会は、下記2つのパターンが多いです。

1.予選グループがあり、その中で順位を決めて、順位決定トーナメントに進むパターン

(例)4チームの予選総当たり戦をして、1位~4位を決めます。
次に、1位リーグ、2位リーグと4つのリーグに分かれて、決勝トーナメントします。

予選で全て負けても4位決勝トーナメントに参加できるので、予選の3試合と4位決勝トーナメントの1試合が、どんなに負けても経験出来ます!

 

2.1位チームもしくは2位チームだけが決勝トーナメントに出場でるパターンです。

1番と同じく予選グループがあり、総当たり戦で順位を決めます。上位チームが決勝トーナメントに進出できます。

例えば、予選が4チームだったら、予選の総当たりの3試合はどんなに負けても経験出来ます。

はじめから負けるつもりで試合にチャレンジしてはマズイですが、試合経験が少ないと、やはりそう簡単には勝てません。試合数を確保できる大会に参加しつつ、試合経験を積むのが、強くなる近道です。

すると、負けた試合で、自分の弱点をわかり、弱点を練習していくと、徐々に実力もつき、試合にも勝てるようになってきます。対戦相手が多いと、対戦相手と仲良くなることもあって、テニスできる仲間や、テニスが出来る環境もひろがります。

だから、試合数をこなすメリットは、かなりありますよ^^

 

まとめ

1.ビギナーズ大会など、勝てる可能性が高くなる試合
2.1回負けても何回か試合が出来るような大会

この2つは、試合経験が少ないと自覚していれば、積極的に参加しましょう!

reportbanner

コメントを残す