テニス 正面気味のボレーの対応と練習法

 

シングルスではそれほど打つ機会が無いのですが、ボレーを打つ機会の多いダブルスでは、良くあるのが正面に来たボレーです。

体の正面に打たれたショットをボレーで返球するのは、体の融通が効かないため、非常に対応が難しいです。ダブルスが強いプレーヤーは、この正面ボレーが必ず上手いと言っても過言でないくらいダブルスでは重要になってきます。

 

その正面ボレーの対応について、読者さんから質問があったので回答します。

正面ボレーの対処の仕方 質問&回答

Nさんの質問

いつも記事を参考にしております。
ポーチに出たとき、相手の打ったコースが自分の思ったよりも甘く、行きすぎになることがあります。そうなると処理が窮屈で大変打ちにくいのですが、どうしたら良いでしょうか?

man-hatena

 

abata回答

はい。これは、ダブルスの試合では良くありますね。

ポーチに出たけど、行き過ぎちゃって、相手のボールが自分の正面気味になってしまう。私は、しょっちゅうあります。

 

というか、ダブルスでは多いと言った方が良いのかな?
こうなった場合、ポーチボレーに出て、ボレーが打てるので
「一発で決めたい」
と思うところですが、返球する事を優先しましょう。

 

ポーチに出て、届く範囲のボールは、全てチャンスボールか?というとそんな事もありません。

自分が窮屈な場合は、ポーチに出た側は有利ではありません。
かといって、相手に有利か?というと、そうでもない。

ほぼイーブンの状態です。

 

こういった場合は、とにかく返球する。

窮屈な姿勢だと、コースに打ち分けるのも、なれないと難しいので、とにかく返球することが大事ですね^^
返球した後も、相手がつないでくる想定で、即、次の動きの準備をします。

 

正面ボレーの返球方法

で、正面気味のボレーは、どうやって返球するのか?

体が伸び上がると、ボレーに威力がなくなるので、正面に来たら、なるべくボールから離れるように、左右に身体をしゃがみこむような意識が良いです。

しゃがむと、ラケットと身体に少し距離が出来ますので、窮屈感が緩和されて、打ちやすくなります。

 

しゃがみこむ時間もない場合もありますので、その場合の正面気味のボールは、バックハンドボレーで返球する癖をつけておきます。

正面のボールは、バックハンドの方が身体を横向きにすることなく打てるので、打ちやすい!!

但し、ここが重要なのですが、試合中に急には、瞬時に出来るようにはなりません。
普段から、正面気味のボレーは練習しておくべきです。

 

あんまり正面のボレーを練習する人はいないので、ライバルと差をつけるには、良い練習だと思いますよ!

「ダブルスでは、正面のボレーは絶対にある」

と思ったほうが良いですからね。ですから、練習で正面気味のボレーを練習しておきましょう。

 

正面ボレーの練習方法

私の場合、ボレー&ボレーをしょっちゅうするのですが、相手に正面気味に打ってもらうようにリクエストします。

その正面気味に来たボールを、相手の打ちやすい場所へ、ボレーで返球します。この時のボレーは、ゆるくて良いです。とにかくコントロールして相手の打ちやすい場所にボレーで返す。

 

すると相手が、またまた正面気味にボレーを打ってくる。
その正面気味のボレーを相手の打ちやすいところに、返球する。

こんなボレー&ボレーをしていると、いつの間にか正面のボレーも上手くなりますよ^^

 

最後に

いや~ これは、良い質問でしたね。

私も、このボレー&ボレーの練習は、記事にしていない事に気づいていませんでした。
正面のボレー返球ができる様になると、相手のポーチボレーを瞬時に返球できる可能性も出てくるので、かなり試合で使えます。

地道に練習してみてください。

コメントを残す