テニス 試合で勝てるメンタルを身につける

試合に強い人は、「練習通りの実力が出せて、メンタルが強い」なんて言われていることが多いです。一般テニスプレーヤーのメンタルの強さって、一体どんなことなんでしょう?

今回は、読者様よりメンタルについての質問がありましたので、ご紹介します。

 

テニスの試合におけるメンタルについて 質問&回答

Aさんからの質問

ueponさんは、試合におけるメンタルについてどのううにお考えですか?

私は最近、試合で力が発揮できずに苦しんでいます。

 

woman-hatena

 

abata回答

私も「試合で力が発揮できない」と悩んでいたことがありました。

でも、良く考えると
「試合で力が発揮できない」
イコール、それが今の自分の実力という事ですね。

 

ここからは、完全な私の個人的な意見です。
こんな意見もあるんだと読んでください。

 

試合のための練習

練習の上手さが実力なわけでなく、試合の結果が実力です。

「試合で力が発揮できない」

事が続くのであれば、それが自分の実力だと、まずは自分自身で認めるのが大事だと思います。

では、自分が思い描いている実力と、試合の実力のギャップを埋めるためにはどうしたら良いのか?
まずは、テニスの練習を見直す事。

 

テニスの練習の為の練習をしている人が多くいます。

多少ボールがアウトしても相手が続けてくれて、最終的には自分のショットが良くて、ノータッチエースを取った。

ノータッチエースを喜び、その前のアウトを忘れてしまう。試合ではアウトの時点で、ポイント終了です。

 

試合の為の練習をしていると、だんだん意識が変わって来ます。

華麗に決まるショットを打ちたい
ではなく、

確率の高いショットを打ちたい
みたいな感じです。

 

こういったシビアな感覚で練習をしていくと、試合の実力と自分のイメージしている実力のギャップが埋まっていきます。

厳しいようですが、実は自分はそんなに上手く無い事が多いです。特に練習で派手なプレーをする方は、

「試合では実力が発揮できない」

と錯覚している人が多いような気がします。

 

ど派手なプレーは、ミスも多いです。ミスを忘れ、いいショットばかりをイメージしていると、試合でのギャップは大きくなる。

「試合の為の練習」

試合に勝ちたいなら、これが大事!

 

試合経験も大事

あとは、やはり試合慣れが大事ですね。

テニスの試合では、何回試合に出場しても、緊張はしますが、いっぱい試合に出場していると、緊張していても、練習と同じようなショットが打てるようになってきます。

これは、メンタルとか格好の良いものでもなく、とにかく試合に出ていると、自然とそうなるって感じです。

 

私は一時期、試合数をこなしたくて、「テニスアイアンマッチ」??
だったかな?そんな名前の試合に沢山出場していました。

この大会は、1日最低、確か6試合できるので、試合慣れするには良い大会でした。

どんなに負けても強制的に6試合ありました^^
こんな大会を選んで参加するのも良いかもしれませんね・・・

今回は偉そうな感じで、スミマセン(;^_^A

reportbanner

コメントを残す