テニス 試合のスピードに慣れる

テニスのダブルス大会で試合に勝つ近道として、試合に出場する為のペア選びが非常に重要だと前回の記事で紹介しました。かなり独断と偏見が入った内容です。

 

思っていたより好意的なメッセージが多くて、「ホッ」としています。ま、批判的なメッセージは書きづらいですからね(;^_^A

さて、「試合に勝つ近道!」続いては、試合前の練習でやっておくべき事です。
特に試合経験が少ないのなら、やっておいて損はないです。

 

試合で驚かないために

私は、何度も「球のスピードが速い=テニスのダブルスが強い」 では無い!!

と強調しています。

が、試合経験が少ないと、実際に試合に出てみると、こうなります。

球のスピードが速い=びびる

 

仮に「球のスピードが速くても強くは無い」と、頭ではわかっていても普段見たことが無いような球のスピードを試合で見ると、

「この人たち、凄い!」とか思って、ビビッて、精神的に負けちゃう時が多いです。

 

そうならないためには、少しでも球のスピードに普段から慣れましょう^^

どんな事をしたら良いのか?

 

スピードに慣れる具体的な練習法

例えば、テニススクールだったら、コーチに、

「自分の時は、速めのボールを打ってください。」

と頼んだり、速い球を打つ人と打つ順番合うように調整して、なるべくラリーをしたりします。隣のコートで、上級の人が練習していたら、その球を見ているだけでもスピード感に慣れます。

速い球を打つ人が周りにいなければ、自分からその環境をつくるのもありですね。

 

例えば、ボレーなら普段構えている場所より一歩前に出て、反応速度を上げるようにする。

ストロークでも、一歩前で構えて、ライジング(ボールがバウンドして上がりっぱなを打つ)で打つようなことでも、スピード感になれるはずです。

スピードに普段からちょっとでも慣れていれば、試合での怖さも軽減します。

 

最後に

試合で、ガンガンスピードボールを打つ人は、ミスが多い傾向がありますから、1本でも多く返せば、勝つ可能性が高まりますよ。ビビらず1本づつ返球すると、いつの間にか勝っちゃったりします!

スピードに少しでも慣れて、速い球にも恐れずに、立ち向かっていきましょう!

コメントを残す