ハイバックボレーの決定力を上げる練習方法

テニスのボレーの中で、ハイバックボレーを苦手としている一般テニスプレイヤーは多いです。

理由としては、

・ボールに力を伝えにくく、なかなかスピードのあるショットが打てない。
・無理に決めにいこうとすると、ネットに引っかかったり、バックアウトしてしまったりとミスしやすいショットである。

こういった点が挙げられます。

そのハイバックボレーについて、読者さんから質問があったので紹介します。

 

ハイバックボレーに関する質問と回答

男性プレーヤー Sさんの質問

バックのハイボレーの決定力をあげるための、良い練習方法や意識すべき点があれば、教えてください。

man-hatena

 

abata回答

ハイバックボレーの練習ですが、スマッシュ練習を応用すると良いです。

 

自分がスマッシュを打ち、そのスマッシュを相手にロブを打ってもらい、自分のスマッシュと相手のロブで続けるようなスマッシュ練習を良くすると思うのですが、そのスマッシュを意識的にハイバックボレーで打つようにすると良い練習になります。

できれば、ロブを打ってくれる相手に少し低めのロブをリクエストしておくと、より実践的になります。

理由としては、高いロブは回りこんでスマッシュで打つことが多いのですが、低めのロブはハイバックボレーで打つケースが多いからです。

 

ハイバックボレーの決定力を上げたいとのことですが、ハイバックボレーは、どうしても力が入りにくいショットなので、無理をして決めに行かないほうが良いです。

まずは、相手コートの深くに、ショットは遅くても良いので正確に打ち返せるようになること。
これを第一にオススメします。

高い打点で相手コートの深くに打てれば、相手は強打するのは難しいので、次のボレーやスマッシュで決めに行けばミスを減らしつつポイントが取れるはずです。

 

もしハイバックボレー1発で決めに行くとしたら、相手のショットが短めのロブで、前に詰めながら打てそうなら、軸足をしっかりと決めて、肩を支点にして思い切って地面に叩きつけると決定率も上がるはずです。

【ハイバックボレーの参考動画】

 

但し、前述したとおり、ハイバックボレーは一般テニスプレーヤーには力が伝えられにくいので、ハイバックボレー1発でエース決められる事は少ないです。

チャンスボールをハイバックボレーで叩いて打ったとしても、相手が打ち返してくると思って、次のショットの構えをすることが大事。

【通常のバックボレーに関しての関連記事】

shoes03まとめ

ハイバックボレーで派手に決めなくても、次のボレーやスマッシュで決められれば、同じ1ポイントですから、無理はしすぎないようにしましょう。

打ち込むハイバックボレーと、相手コート深くに繋げるハイバックボレーを使い分けられるようになると、相手にとってプレッシャーのかけられるボレーヤーになれますので、普段からハイバックボレーの練習をしてみましょう!

 

reportbanner

コメントを残す