ファーストボレーの壁打ち練習方法

私は、反復練習が出来て短時間で数多く打てるので、良く壁打ちをするのですが、ボレーも壁打ちで練習します。
壁打ちしている人のほとんどが、ストロークの練習をしていますが、ボレーも壁打ちで確実に上達できます。

そんなボレーの壁打ちについて、こんな質問があったので回答します。

ボレーに関する質問&回答

Fさんの質問

貴サイトを何度か読み、今それに基づき一生懸命練習している所ですがファーストボレーが上手くいきません。
壁打ちでこのボレーを練習する方法が分かりません、教えて頂けますか?

man-hatena

abata回答

ファーストボレーの壁打ちでの練習方法についてですが、私は、2つの壁打ちの練習をしています。

ファーストボレーの位置での反復練習

壁をコートのネットと想定し、サービスライン付近にポジショニングします。
その位置で、壁に向かってボレーを打って続けるようにします。

 

この時のコツとしては、ネットの高さを壁に想定して、そのネットの高さより50センチくらい上にやや強いあたりでボレーするようにします。(ファーストボレーで相手コートの深めに打つのを想定したボレー)

すると壁から返球されたボールは、ローボレーやハーフボレーの高さになるので、その高さのボールをまたボレーすることで、ファーストボレーの時に打つ機会の多いローボレーとハーフボレーの反復練習ができます。

 

ネットダッシュをしてよりファーストボレーの状況に近づけた練習

ある程度、ローボレーとハーフボレーの感覚をつかんだら、次はよりファーストボレーの状況に近づけて壁打ちをします。

具体的な方法としては、壁をコートのネットと想定し、バックライン付近にポジショニング。
その位置から、壁に向かって強めに球出しをします。

球出しをすると同時に、壁に向かってダッシュをします。
(サーブを打ってネットダッシュするのに近い感覚です。)

 

すると、壁にあたったボールが跳ね返ってきて、ちょうどサービスライン付近でボレーをするようになるので、ファーストボレーを打つような感じで、壁にボレーを打ち返します。

壁打ちのファーストボレー練習のイメージ図

first

 

はじめは、バックライン付近から球出しをして、すぐに壁に向かってダッシュ。
サービスライン付近でファーストボレーを打ったら、それで終了。

という流れを何度も行うと良いです。

 

慣れてくると、ファーストボレーを打ってから、さらに前に踏み込んで、セカンドボレーを打って、さらに前に踏み込んでサードボレーを打つ!そのまま壁とボレーボレー!なんて事も出来るようになります。

球出しの強さによって、ファーストボレーの高さも調整できるので、色々と試してみることで、練習の質も上がってくると思います。

単なるストロークの壁打ちよりも、ちょっと難しいとは思いますが、是非、壁打ちでファーストボレーの練習をトライしてみてください。

 

PS:
壁にネットの高さにラインが書いてあって、サービスラインもバックラインもわかるような恵まれた壁打ち環境は少ないですが、ラインがなくても、自分のイメージや感覚で練習はできますので安心してください。

私も電車の橋桁や道路の高架下、公園の壁などで練習していましたので・・・。

reportbanner

2 Responses to “ファーストボレーの壁打ち練習方法”

  1. かおる より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見しております。
    私は都内か神奈川県内で初心者テニスサークルを探しています。
    一人参加なのでいつもどこのサークルに入ってよいか迷い結局5年経ちました!
    もしおすすめのサークルをご存知でしたら教えていただきたいです!

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      都内や神奈川県には、沢山のテニスサークルがあります。
      人によってサークルは合う合わないがあるので、私からの紹介よりも、
      気になったところに体験で参加することをオススメします。

      思った以上に、簡単に練習に体験で参加できるので、
      サークルの電話やメールに思い切って連絡してみてください。

      一回の練習参加で、なんとなく自分にあっているサークルなのか?
      がわかると思います。

コメントを残す