フォアハンドを攻撃的に打つには、グリップの握り方を変えるべき?

前回の記事では、サーブのグリップの握り方について、その重要性を紹介しました。

詳しくはこちら

今回は、フォアハンドのグリップの握り方について、

「攻撃的なフォアハンドを打つためにはどうしたら良いか?」という内容の質問があったので紹介します。

 

フォアハンドのグリップに関する質問と回答

Mさんからの質問

フォアもイースタンで握ってますが、壁打ちできておられるかたはかなり厚い握りでぐりぐりでうたれているようですが、イースタンじゃ攻撃的なフォアは打てないんでしょうか?
ウエスタンにしたいのはやまやまなのですがこの前打ったら、まともに返らず、相当打点を前にもってこないと全く使えない。

自分としてはグリップチェンジしたくない。。
何か手はありますか?

man-hatena

 

abata回答

イースタングリップ(薄めのグリップ)でも攻撃的なフォアハンドは打てます。

ウエスタングリップ(厚めのグリップ)に無理に変更することはないと思います。

 

イースタングリップとウエスタングリップはそれぞれ特徴があるので、その特徴を理解して打つようになると良いですね。

グリップの基礎知識は、こちらを参考に。(外部サイト)

 

フォアハンドのイースタングリップは、フラット系や、ややスピンがかかったドライブ系のショットが打ちやすいです。
回転はそれほど強くかけられない分、スピードに乗ったショットが打ちやすいです。

 

逆に無理に強い回転をかけようとすると、バックアウトしてしまう(ふかしてしまう)ケースが増えるので、程よいトップスピン回転のドライブ系ショットを常に打てるように意識すると良いですね。

それと、フォアハンドイースタングリップは、低めの球も比較的打ちやすいです。

逆に高い球を打ち込むのは、少し難しくなりますので、そのあたりを考慮して打点を調整すると良いですね。

 

一方、フォアハンドのウエスタングリップは、トップスピン系のショットが打ちやすく、グリグリの回転も打てます。

回転が強くかかると、それだけ推進力はなくなるので、スピードがあって尚且つ回転量が多いトップスピンを打とうと思ったら、ある程度のスイングスピードが必要になってきます。

フォアハンドイースタングリップと比較すると、低めの球は持ち上げるような打ち方になるので、低めの球はやや打ちづらいです。膝を曲げて、重心をしっかり落として打たないとミスにつながります。

 

逆に高い球は、ウエスタングリップだと回転をかけながら打ち込みやすいです。
頭より高い球も打てるようになります。

スイングスピードが必要な点から、一般女性テニスプレーヤーで、厚いグリップのウエスタングリップを使いこなせている人はそう多くないと思います。

 

cort02-1まとめ

イースタングリップとウエスタングリップの特徴をざっと紹介しましたが、前述した通り、イースタングリップでも攻撃的なショットは打てますので、ウエスタングリップが打てそうもなければ、安心してイースタングリップで練習してみてください。

 

もし、回転量をもっと増やしたいなぁ~と思ったら、少しづつグリップを厚くして、セミウエスタンくらいの握りを挑戦すると良いと思います。(何度も言いますが、無理にする必要はありませんので)

更なる上達を目指して、継続して練習に取り組んでみてください!

 

ちなみにイースタングリップで世界No.1になった選手といえば、シュテフィー・グラフです。グラフは、2015年にセレナ・ウイリアムズが成し遂げられなかった年間四大グランドスラム制覇を達成しています!

四大グランドスラムにプラスして、オリンピックも優勝して、ゴールデングランドスラマーとなっています。

 

そのグラフの武器は、薄めのグリップから打ち込まれる強烈なフォアハンド。フォアハンドのノータッチエースをガンガンとっていました。

【シュテフィーグラフの動画】

PS:
いらない情報かもしれませんが、私のフォアハンドはセミウエスタングリップです。回転量と、ショットのスピードを色々と考えながら練習していたら、このグリップの握り方に落ち着きました。

ちなみに、私のダブルスパートナーはフォアハンドはイースタングリップですが、私よりストロークはずっと上手いです(汗)

reportbanner

コメントを残す