ボディーアタック(正面ボレー)で気をつけているポイント

テニスのダブルスで、パートナーがサーブを打つ時に、相手リターナーが強気に攻めてきて、前衛のポジションにいる自分めがけて鋭いリターンをしてくることがあります。

特に、男子ダブルスでは良くある光景ですね。

正面ボレーは難しいショットの上、相手がリターンで勝負をかけてくるので、リターンにスピードがあり時間的余裕が無いのでより難しいショットになります。

 

ダブルスに慣れていないと、逃げてしまう方も多いですが、どのような点に気をつけると、返球できるようになるのか?読者さんからボディーアタック(正面ボレー)についての質問があったので、参考にしてみてください(^.^)

 

正面ボレーの対処について 質問&回答

Wさん(50代男性)からの質問

いつも楽しみにしています。まだ中級レベルに足を踏み込んだばかりで不安や迷いばかりです。
私、テニスは、高校で経験しただけで今、50代。

最近サークルに入りましたが、男性ばかりで、常にボディアタックの洗礼を受け、返せず、落ち込んでいます。これも与えられた課題なんでしょうね。

man-hatena

 

abata回答

50代でテニスを楽しんでらっしゃるのは、とても良いですね。
テニスは生涯スポーツなので是非続けてください^^

 

さて、男性からボディーアタックを受けるとのことですが、それはある程度Wさんの実力が認められているからだと思います。

あまり実力がない人に、ボディーアタックを積極的にはしていかないですから・・・。
ですから、自信をもって対応するようにしていきましょう!!

 

ボディーアタックされた時に注意する点

ボディーアタックは、とにかく時間がないので大事なのは「予測」です。

相手のフォームやラケットの動きを良く観察して、
「自分の方に打ってくるのでは?」
と感じられるようになると、返球率が圧倒的にあがります。

相手を良く見て、観察し、察知することからはじめていきましょう。

 

私がボディーアタックされた時に気をつけていることは、

  • 重心を低くして、相手のショットにおされないようにする。
  • ポジションは逃げ腰で後ろには下がらず、むしろ前への意識。
  • テイクバックはせずにとにかくラケット面だけつくる。
  • コースなど気にせず、とにかくネットを超えて返球すれば良しとする。

こんな感じです。
すぐには全部できないと思いますが、少しずつ意識しながらボレーをしてみてください。

 

ボディーアタックされた相手のショットを、一本でも返球できれば、その後は相手もなかなか打てなくなってきます。
ですから「とにかく1本返す!」が大事になってきますので、予測をしながら集中して対応していきましょう!

 

ダブルスに慣れないと、恐怖心もあると思いますが、そのうち慣れると、どうってことなくなります。意外とボールは体に当たりませんから(^_^;)

【関連記事】

最後に

予測するのに観察している相手の動きとしては

  • 相手が打つ時のスタンス
  • 相手が打つタイミング
  • 相手のラケット面の向き
  • 相手の目線

などなどです。

 

なんとなく相手の動きを見ているだけではなく、常に予測をするようにするとだんだんと、

「ボディーアタックしてくるような気がする・・・」

と感じる時が出てきます。

もちろん予測なので外れる時もありますが、外れたら外れたで、その後のプレーをしっかりとすれば良いだけです。もし、ボディーアタックの予感がなければ、積極的にポーチボレーに出ることも大事!

 

ボディーアタックは、はじめは恐怖心もありますが、予測と準備をしっかりして無駄のない動きで対応していきましょう!
返球できた時は、相手のダメージは大きいので、まずは一本返すことを目標に。

reportbanner

コメントを残す