ロブボレーとドロップボレーで相手を惑わす!対局の2つのボレーは実は似ている?

私はダブル専門で試合に参加しているので、練習の時間を含めて、ボレーを打つ機会が非常に多いです。
スピードのあるボレーももちろん打てますが、それだけではテニスのダブルスはなかなか勝てません。

相手の逆をつくドロップボレーやアングルボレー、相手2人がネットに詰めてきて前のめりになったところでフワッと打つロブボレー。
この様な技巧的なボレーも駆使しながらポイントを取っていきます。

 

ドロップボレーやロブボレーは、パワーやスピードよりもコントロールやタイミングなので、女性プレーヤーや初級者プレーヤーにもオススメなのですが、あまり打っている人がいないですね・・・。
非常に効果があるので、是非ともドロップボレーとロブボレーを練習して欲しいです。

 

ドロップボレーとロブボレーは、実は打ち方が似ている?

ドロップボレーは、ネット際にポトッと落とすボレーです。
一方、ロブボレーは、相手前衛の頭上を越すように相手コートの深くに打つボレーです。

全く違う性質のボレーなので、一見打ち方が全く違うように感じますが、実はかなり打ち方が似ています。

ロブボレーのコツ

まずは、私が意識しているロブボレーのコツや打ち方を紹介します。

ロブボレーは、相手前衛の頭を超えるボレーなので、当然ですがラケット面は上に向けるようにします。
そして、距離を出すために打ちたい方向にフォロースルーを取りながら、ややスライス回転をかけます。

こうすることで、相手の頭上をフワッと越すロブボレーが意外と簡単に打てます。
後は、回転量やフォロースルーの長さを調整しながらロブボレーの距離の感覚を練習で養っていくと、実践でも自信をもって打てるようになります。

ドロップボレーのコツ

ネット際に落とすドロップボレーですが、軌道はロブボレーとほぼ同じです!
イメージとしては、超ミニミニ版のロブボレーがドロップボレー。

ラケット面の上向き具合はロブボレーとほぼ一緒で、フォロースルーを小さくして、逆にスライス回転量をロブボレーより少し増やします。
そうすると山なりのフワッとした逆回転のかかったボレーが、ネット際に落ちるようになります。

何度も言いますが、ロブボレーの超ミニ版のイメージです!
関連記事

練習方法と順番

練習の順番としては、ロブボレー⇒ドロップボレーの順番が感覚が掴みやすいです。

ロブボレーの練習

二人一組になり、お互いコートのサービスライン付近にポジショニングします。

ラケット面を上向きにして、スライス回転を意識しながらフォロースルーをとって、ロブボレーをお互いに打ちます。
お互いロブボレーを打ち続けて、ロブボレーのボレー&ボレーをすることで、ロブボレーの感覚を身につけます。

 

ドロップボレーの練習

ロブボレーの感覚を掴んだら、次はドロップボレー。

二人一組になり、お互いコートのネットのすぐ近くにポジショニングします。(ネットから2歩くらいの位置。)

基本はロブボレーの感覚と一緒のまま、それを超ミニにしてドロップボレーを打ちます。お互いドロップボレーを打って、ドロップボレーのボレー&ボレーをして、ドロップボレーの練習をします。

 

最後は、ロブボレーとドロップボレーを交互に練習

二人一組になり、ボレー&ボレーをします。

1人は、ロブボレーとドロップボレーを交互に打ちます。基本は同じ打ち方で、感覚は一緒なので交互に打ちやすいはずです。(ドロップボレーは、あくまで超ミニロブボレーの感覚。)
もう1人は、そのドロップボレーとロブボレーをひたすら普通のボレーでつなぎます。

普通のボレーでつなぐプレーヤーは、かなりキツイですが、お互い良い練習になります(^_^;)

 

相手の逆をつく

あとは、練習したロブボレーとドロップボレーを試合形式の練習や、実際の試合で実践するだけです。

相手がドロップボレーを警戒して前に突っ込んできたら、すかさずロブボレー。
相手がロブボレーを警戒して後ろへの意識が高くなったら、すかさずドロップボレー。

ロブボレーとドロップボレーは、打ち方の感覚は一緒なのでドロップボレーと見せかけてロブボレーを打ったり、ロブボレーと見せかけてドロップボレーを打ったり。相手の逆を付くことがしやすいショットです。

しかも効果が非常に高く、相手のダメージが大きいショット。

 

打ち方の感覚がほぼ一緒なのに、対局の効果があるロブボレーとドロップボレー。練習をして、是非マスターしてみてください!

reportbanner

コメントを残す