全仏オープンテニス2014ドロー表(フレンチオープン)

2015年の全仏オープンテニスドローはこちらから。

2014年のグランドスラム第2弾、全仏オープンテニス(フレンチオープンテニス)がいよいよはじまります!開催期間は、5月25日~6月8日。

今年の注目は、何と言っても絶好調の錦織圭選手。
世界ランキングをトップ10まで上げて来て、実力も勢いもある中での全仏オープンテニス2014です。
日本だけでなく、世界が注目する錦織圭。

 

果たして、どんな組み合わせの山に入ったのでしょうか?早速、ドローを確認しましょう!

 

全仏オープンテニス2014ドロー(男子シングルス)

全仏オープンテニス2014
(WOWOW TENNIS ONLINEより抜粋)

 

世界ランクで10位の錦織は第9シードでの出場です。

ドローの中では、ボトムハーフに入りました。同じ山のシード選手としては、第20シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)、第8シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)などの強豪がひしめき合ってます。

私の切なる希望としては、なんとかベスト8入りして、「ジョコビッチとの対戦を観たい!」

 

ただし、実は1回戦から楽な相手ではありません(^_^;)
1回戦の対戦相手のクーリザンは、2013年3月に自己最高26位をマークしている実力者。
しかも、今月行われた「BMWオープン」でATPツアー2勝目の優勝をしていて勢いにのっています。
今の錦織圭なら体調さえ良ければ、大丈夫たとは信じていますが、楽観視は出来ませんね。。。
頼むぞ!錦織圭!

 

他の男子トップシードでは、クレーコートの絶対王者ナダル、ジョコビッチ、バブリンカ、フェデラー、マレーなどが注目ですね。

個人的には、全豪オープンを制したスイスのバブリンカのあのパワフルショットが、全仏オープンテニスでも炸裂するのか?興味を持っています。
特に、シングルバックハンドの豪快さは必見です!

 

一方、日本の女子選手は、1回戦の対戦相手は

  • 奈良くるみVSアンナ・タチシュビリ(アメリカ)
  • クルム伊達VSアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア/第24シード)
  • 土居美咲VSアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ/第28シード)

となっています。
今年に入ってトーナメント優勝した奈良選手には、がっつり期待しちゃってます。

 

全仏オープンテニスは、4大大会で唯一のクレーコート。
クレーコートは、バウンド後ボールが弾むので、長いラリーが続き、観戦していてとにかく白熱して盛り上がります。
プレーしている選手は、体力がキツくて大変だとは思いますが。。。

とにかく、赤土のフレンチオープンを楽しみながら、お気に入りのプレーヤーを応援しちゃいましょう。私は、錦織圭を絶対応援です!!

PS:全仏オープンテニス2014は、約2週間の開催となりますが、本気で応援したいのなら、やっぱりテレビの生放送ですよね。
全仏オープンテニスをテレビで観たいのなら、こちらの記事を参考にしてください

全仏オープンテニスをテレビ放送で見る方法

 

コメントを残す