硬式テニスのダブルス前衛で、正面ボレーに対応するには?

硬式テニスのダブルスの試合で前衛をしている時、瞬時の動きが必要になるショットのひとつが、体の正面に来たボレーです。
しかも、相手がリターンの場合は、ショットのスピードも速く怖さも増すので、難しさも増します!

その前衛での正面ボレーについて、読者さんから質問があったので紹介します。

 

正面ボレーの対処について 質問&回答

Sさんの質問

質問ですが、自分が前衛にいるとき(おそらく自分が早いリターンを取れないと向こうがわかっているからだと思いますが)、たまに自分の真正面に早いストレートを返されるときがあります。

まあ、これを確実に取るのは、一般的にも難しいことだと思いますし、正面ボレーの練習をきちんとすることしかないと思うのですが、何か対策はないでしょうか。

例えば、若干後ろにポジショニングする、などというのは効果があるでしょうか。

man-hatena

 

abata回答

速いショットの正面ボレーは、とっさの動きが必要なので、難しいショットの一つです。

私が心がけているのは、「とにかく返球すること!」
これです。

 

リターンをアタックされて、尚且つ余裕のない正面のボレーの場合、コースを狙ったり、スピードを出そうなどとすると、ミスが確実に増えるので、まずは、とにかく返球することを第一としています。

スピードが遅かろうと、コースが甘くても、返球しておけば、
その後はなんとかなるケースが多いので、とにかく相手コートに返球します。

【関連記事】

 

正面ボレーを返球するコツ

私の考えとして、「とにかく返球」するためには、ボレーのポジションを後ろにするのは、ボレーがネットにかかってしまう可能性が高まるのでオススメしません。むしろ、前に突っ込むくらいの感覚で、前へ前への意識が大事です。

ポジションを前にすればするほど、ボレーをする準備をする時間がなくなるので、余計なテイクバックやフォローするーなどせずに、ブロックするようにしてボレーします。

 

ボレーのラケット面だけ作れれば、時間がなくても相手コートに返球できる可能性は高まります。

ブロックしたボレーは威力がなくても、今度は相手にとって準備する時間が無いので、効果的なショットとなっちゃうケースが多いです。

まとめると、

  • ポジションは前に
  • 余計なテイクバックやフォロースルーはなくても良いので、ブロック
  • コースやスピードは二の次で、とにかく返球

以上です。

 

正面ボレーの練習方法

練習法としては、ボレーボレーの距離を短めにして、ボレーボレーの相手に正面を狙い続けてもらうと良いです。私も良くこの練習をします。

距離が短く、しかも正面気味に打たれながら、ボレーボレーを続けようとすると、余計な動きができなくなるので、実践でも同じように動けるようになるはず。

 

正面のボレーは、体に当たりそうにはなることもありますが、人間は危ない時はとっさにラケットでよけるので、意外と当たりません。私はおもいっきりネットに詰めていくので、何度が当たった経験はありますが・・・・怪我したことはありません(^_^;)

正面ボレーは、難しいショットで怖さももありますが、諦めずに是非とも練習してみてください(^.^)

reportbanner

コメントを残す