硬式テニスのポイントの数え方

硬式テニスのポイントの数え方は、とっても独特です。
他のスポーツではありえない数え方となっています。
0ポイント  0    ラブ
1ポイント  15   フィフティーン
2ポイント  30   サーティ
3ポイント  40   フォーティ
4ポイント  GAME  ゲーム

例えば、3ポイント対1ポイントの場合は、フォーティ、フィフティーンと続けて発音します。

また、40-40の時は、デュースと言って、その後2ポイント連続でポイントを奪ったプレーヤーが、ゲームを獲る事になります。

デュースになった時は

「デュース」

「アドバンテージサーバー」
もしくは
「アドバンテージレシーバー」

「デュース」に戻るか?
2ポイントを連続して取得して、
「ゲーム」となります。

 

草テニス大会では、ノーアドバンテージ方式が増えている

市民大会などの一般テニスプレーヤーが参加する草テニス大会では、ノーアドバンテージスコアリングシステムが主流になりつつあります。

ノーアドバンテージスコアリングシステムは、短縮して「ノーアド」と呼ぶ場合が多いです。

このノーアドですが、お互い3ポイントずつ獲得し、40-40なった後、1ポイント先取した方が、そのゲームを獲る事になります。(通常は2ポイント差がつくまで、デュースやアドバンテージが続きます)

ノーアドの場合、40-40を「デュース」とは言わずに、「フォーティーオール」と言います。

 

ノーアドが一般的になった理由

なぜノーアドが広まっているのか?と言うと、時間短縮のためです。
市民大会などでは、開催日程が短期間なので、時間を読みやすいノーアドを採用するケースが多いんですね。

プレーヤーとしては、あまりノーアドを好む人はいませんね(汗)

PS:
テニス初心者が短期間で上達するために効果あり。
>>神谷流テニス最短上達法

 

reportbanner

コメントを残す