硬式テニスのルール

テニスは、自分のコートにワンバンドまたは、ノーバウンドで入ってきたボールを、ラケットを使って相手コートに打ち返すことを繰り返します。

自分か相手がサーブを打って、お互いに打ち合っているボールが、アウトになったり、ネットに引っかかったり、返球できなかったりした時に、ポイントになるスポーツです。

 

4ポイントを取得したら1ゲーム。
6ゲームを取得したら1セット。

1セットマッチでは、1セット、
3セットマッチでは、2セット、
5セットマッチでは、3セットを取得したプレーヤーが、試合の勝者になります。

マッチゲームは、2ゲーム差がつくまで続くものなのですが、試合時間が長くなってしまうので、6-6のゲームカウントになった時点で、タイブレークをする試合がほとんどです。

 

最近では、6ゲーム先取という試合も増えていて、1セットマッチだと、2ゲーム差がつくまで試合が続くのですが、6ゲーム先取だと、2ゲーム差がつかなくても、6ゲームを先取した時点、試合が終了します。

テニスは紳士的なスポーツなので、試合終了後は、ネットをはさんでお互いに握手をして挨拶するのがマナーになっています。

PS:
テニス初心者が短期間で上達するために効果あり。
>>神谷流テニス最短上達法

 

コメントを残す