遅いサーブのリターンは、意外とミスしやすいので要注意

リターンの練習をしていて上達してくると、だんだんと速いサーブに慣れてきて、鋭く返球できるようになってきます。

これは、相手の速いサーブの威力を利用して、自分からあまり打ちに行かなくても、ラケット面を合わせるだけで返球できる感覚をつかんでくるからです。

但し、「速いサーブをリターン出来るんだから、遅いサーブだって楽勝!」

なんて思っていると、そうでもなかったりします。
今回は、そんな遅いサーブのリターンについて、読者さんから質問があったので紹介します。

 

ゆっくりなサーブをミス無くリターンするには? 質問&回答

Sさんの質問

再び質問です。

このブログを読んでから、リターンの重要性がよくわかり、少しずつ改善していった結果、だいぶ試合が勝てるようになったと思っています。

ただ、まだミスをするときがあり、意外にも山なりのサーブだったり(回転系でもない)、比較的ゆっくりまっすぐ来るサーブだったりのときに、ミスするときがあります。

早めのサーブのほうが、そのサーブの勢いに乗る感じで、リズムが取りやすいのですが(とにかく当てればいいと思っている)、遅いと返す時に余計な力が入ったり、またそうしないようにすると、サーブに勢いがない分、今度はチビった感じになりネットにかけます。

何か気をつけるところなどはありますでしょうか。

woman-hatena

 

abata回答

 

リターンの練習をして、リターン技術の向上し試合が勝てるようになったとの事で、素晴らしいですね!

リターンが強くなれば、相手サーブにプレッシャーもかけられるので、より有利に試合を展開できる可能性が高まります。引き続き、リターンの練習に取り組んでください(^.^)

 

さて、ご質問につきまして、回答いたします。

既にSさんが気づかれているように、速いサーブは、リターンの時に余裕が無いので、コンパクトなリターンのスイングになり、尚且つ相手のサーブの威力を利用できるので、意外と良いリターンを返球できることが多いです。

リズムも「タ・ターン」って感じで、余計な動作もせずにラケット面をボールに合わせれば、ある程度の威力のあるリターンが返せます。

【参考記事】


 

逆に遅いサーブだと、時間の余裕があるせいで大きくテイクバックをして大ぶりになったり、タイミングがズレて体が伸びきってしまうなど、ミスをしやすくなってしまったりします。

また、遅いサーブはそれほど威力が無いため、ラケット面を当てるだけだと、鋭いリターンが返球できないので、ある程度しっかりしたスイングが必要になるのでミスの要素も増えます。(自分から打ちに行かなければならない感じ)

 

遅いサーブをリターンする時の注意点

意外とミスしやすい遅いサーブのリターンですが、速いサーブの時よりは少しだけ余裕があるので、しっかりと動作をすればミスは減るはずです。

私が相手が遅いサーブの時に注意している点は、

  1. 大きくテイクバックをしないで、テイクバックをする時間があるのならば、1歩でも2歩でも前にポジショニングをしてリターンをする。
  2. 前にポジショニングすると、たとえ遅いサーブでも時間的余裕は減るので、テイクバックはコンパクトに。
  3. とにかく軸足をしっかりと決めて体重を乗せ(少し重心を低くするイメージ)、遅いサーブをリターンする時にありがちな、体が伸びきってしまったり、軸がブレる事を無くす。
  4. コンパクトなテイクバックから、体のヒネリ戻しを利用して、リターンに威力をつける。
  5. 前でのポジショニングで上手くリターン出来た場合、そのままネットに詰めて、ネットプレーに持ち込む意識をもっておく。

こんなところです。

 

上半身よりも足を意識している点が多いです。

足を動かすことで、余計な動作をしないでリターンを打ち込めるようになると思います。
時間に余裕があるのならば、少しでも自分に有利なポジションに足を動かして、リターン出来るようにしましょう。

 

前への意識で有利なポジションでリターンできれば、相手にプレッシャーもかけられます!
是非、遅いサーブの時こそ、足や体の軸を意識してリターンをしてみてください(^.^)

reportbanner

コメントを残す