錦織圭と対戦するナダルの強さを知ろう!

2013年の全仏オープンテニスもいよいよ後半戦。

見どころは何と言っても日本人男子シングルスで4回戦まで進出した錦織圭。その錦織圭は、4回戦でクレーキングことナダル(スペイン)との対戦となりました。

全仏オープンテニスのニュースを見たテニスど素人の嫁さんは、
「錦織圭くんは、強くなったし勢いがあるから、このままナダルに勝っちゃうんじゃない(^.^)」
とお気楽ムード。それに対して私は、

「そんなにナダルは甘くない!」

ときっぱり(-_-;)

錦織圭くんには勝って欲しいけど、ナダルの強さを知っていると楽観視できねー。
と言うことで、今一度ナダルの強さを認識しておきましょう!

 

全仏オープンテニスでのナダルの驚異的数字

まずは、ナダルの全仏オープンテニスでの驚愕の数字をご紹介。
ナダルの全仏オープンテニスでの生涯成績ですが、

通算 55勝1敗 勝率98.21%!!!
優勝7回

超恐るべし。ほとんど負けない。。。
ちなみに1敗は、スウェーデンのソダーリングに2009年4回戦で2-6,7-6,4-6,6-7で負けただけ。

ソダーリングは、193cmの長身から強烈なサーブと打ち下ろすようなストロークを武器にする選手なので、残念ながら錦織圭とは全く違うタイプ。
ソダーリングの勝利=錦織圭も勝てるかも?とはならなそう・・・。

やっぱりナダルはクレーコートの全仏オープンテニスでは高い壁。

 

クレーコートでのナダルの強さ

もう1個凄いというか、恐ろしいデータが。。。
全仏オープンテニスと同じクレーコートでの全部の勝率ですが、過去のプロテニスプレーヤー名選手と比較しても、ナダルは断トツ1位!(ちょっと前のデータですが)

【クレーコートでの勝率】
1位 ナダル 93%
2位 ボルグ 85%
3位 レンドル 81%
4位 ビラス 79%
5位 ローズウォール 79%

この伝説的なメンバーの中でぶっちぎり1位とは、、、正にクレーキングの名にふさわしい。
93%って、あり得ないでしょ。

 

しかもナダルと錦織圭との対戦成績は、ナダルの4勝0敗。
う~ん厳しい(-_-;)

と、ナダルがとてつもなく全仏オープンテニスで強いことをアピールして来ましたが、
でも錦織圭には勝ってほしいんです!!!

この超人ナダルに勝ったら錦織圭は本当に強い!
負けても、クレーコートのナダルだから、錦織圭の評価を世間の人には下げてほしくない!
これが本音です。

とにかく錦織圭VSナダルの6月3日の試合は、気合を入れて錦織くんを本気で応援したいと思います^^

PS:全仏オープンテニスの放送ですがWOWOWなら申し込みすれば、すぐに見られる様になりますよ。
WOWOW公式サイト

reportbanner

コメントを残す