錦織圭のリターンをダブルスに生かしちゃう

先月、錦織圭選手が4度目のツアー優勝を飾りました。
第一シードを守っての優勝は勝ちがありましたね。

さて、試合を録画していたので、夜中にじっくり見ていて、特に私が気になったのが錦織くんリターン。

 

ダブルスでも有効なリターン

スピン系のサーブの時は、ポジションをグッと前にして、タイミングを早くしたライジング気味にリターンをしてました。

リターンポジションを前にして、タイミングを早くするリターンは、ダブルスでも超有効です。
まるで錦織くんがダブルスプレーヤーに見えてしまいました(^.^)

以前、楽天オープンテニスで優勝した試合後の錦織くんのインタビューの中でも、
「ダブルスでのリターンが役に立った」
と答えていたのを思い出します。

 

テイクバックよりも前へ

もし、ダブルスの試合でリターンをしていて、大きくテイクバックをする余裕があったり、さほどスピードを感じなければ、大きくテイクバックする時間を削って、一歩でも半歩でも前でリターンすることをおススメします。

すると、サーブを打ったあとにネットに出てきたサーバーとしては、後ろで構えて、速いリターンを打たれるよりも、タイミングがとりづらく、ボレーのミスが増えちゃいます。

 

仮にサーバーがネットに出てこなくても、ポジションを前にしてリターンすると、ネットへの距離が近く、前へめに重心がかかっているので、そのままネットにつめやすく、リターンダッシュの形にしやすい。

そうなると、相手のストロークをボレーで決められるチャンスが増えるので、試合を有利に進められちゃいます。

しかもポジションを前にするということは、バウンドの跳ね上がりの力を利用でき(ライジング)、コンパクトなテイクバックで、少ない力でも力強いリターンが打てます。

ただし、自分からサーブに向っていくような感じなので、初めは怖さを感じるかもしれません。
地道に普段の練習から前への意識を持ったリターンを実践していけば、必ず慣れますから安心してください。

チャンスがあれば
「コンパクトなテイクバックで、前へ前へのリターン」
是非実践してみましょう。

きっと、ダブルス巧者になれますよ^^

 

PS:リターンダッシュなどの戦術が学べるテニス上達DVD
「ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術」

【錦織圭選手のリターン動画(スピン系のサーブの時には前に向かってます】

reportbanner

コメントを残す